> > JWA、今度はドローンの安全飛行向けに気象情報を提供 NEDOと実証へ

JWA、今度はドローンの安全飛行向けに気象情報を提供 NEDOと実証へ

 印刷 記事を保存

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と日本気象協会(東京都豊島区)は、10月24日~26日の3日間、「ドローン向け気象情報提供のデータ連携」と「ドローンによる気象観測」の2つの実証試験を、福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施する。

この実証試験は、ドローンの安全飛行を妨げる突風や豪雨・雷・霧などの気象現象を、詳細かつ正確に把握し、予測するためのもの。

気象情報提供・観測に重点を置いた実証試験の概要

1. ドローン向け総合気象情報提供機能の開発に向けた実証試験

ドローン離発着場での地上気象観測とドップラーライダー(風速計測システム)による上空の風観測を行い、その観測データと実証エリア付近の気象予測をドローン運航者・ドローン航空管制事業者へ試験提供する。

(※全文:920文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.