> > 兵庫県養父市に「メタン発酵発電施設」建設開始 植物工場も併設予定

兵庫県養父市に「メタン発酵発電施設」建設開始 植物工場も併設予定

 印刷 記事を保存

トーヨーグループのトーヨー養父バイオエネルギー(兵庫県養父市)は、国家戦略特区『養父市』において、メタン発酵発電施設の建設を開始した。完成は、2018年3月を予定している。

計画概要

兵庫県養父市は、ブランド牛「但馬牛」の飼育が盛んで「ブロイラー」発祥の地としても知られる地域である。トーヨーグループはこの地域で、家畜糞尿の処理や農業とのエネルギー連携を可能とする「メタン発酵発電施設」の運営、冬季でも営農可能な「植物工場」の運営、さらにそこから多くのシナジーを生み出すことで養父市活性化の一翼を担えると考え、特区の構成員に応募した。


この記事は、たとえば

  • 農業関係者・畜産関係者にとって、家畜の糞尿を地域でうまく再利用する事例として参考になります。
  • 農業振興策を検討する自治体・政府関係者にとって、他地域の政策事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.