> > 物流業界の環境負荷低減・生産性向上の優秀な事例、今年も政府が表彰へ

物流業界の環境負荷低減・生産性向上の優秀な事例、今年も政府が表彰へ

 印刷 記事を保存

経済産業省は11月2日、国土交通省、日本ロジスティクスシステム協会(東京都港区)、日本物流団体連合会(東京都千代田区)と共に、2018年12月13日「第16回グリーン物流パートナーシップ会議」を開催し、同会議内でグリーン物流優良事業者を表彰すると発表した。

この会議では、毎年度、グリーン物流優良事業者(物流分野における環境負荷の低減や、物流の生産性向上などにより、持続可能な物流体系の構築に顕著な功績があった事業者)を、「経済産業大臣表彰」「国土交通大臣表彰」「経済産業省商務・サービス審議官表彰」「国土交通省物流審議官表彰」として表彰している。

今回開催される会議では、第16回目の表彰と、受賞事業者による表彰事例の紹介、有識者による講評が行われる。

この会議には参加して傍聴することができる。同会議の会員ではない場合、参加申込前に、ホームページから会員登録をする必要がある。会員登録料・会費は無料。

(※全文:1356文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.