> > 経産省、「大量の個人データの制御方法」についての検討会設置

経産省、「大量の個人データの制御方法」についての検討会設置

 印刷 記事を保存

経済産業省は11月20日、企業が持つ自分の個人データを制御できる権利「データポータビリティ」のあり方などについて検討するための検討会を、年度内に4回程度開催すると発表した。

この検討会では、今後電力ビジネスや廃棄物処理ビジネスにおいて一般化されていくことが予測される大量の個人データについて、データポータビリティがもたらす効果、諸外国におけるデータポータビリティに関する検討状況などを調査し、日本の主要分野(医療、金融、電力など)におけるデータポータビリティの在り方などについて調査・検討を行う。

具体的な調査・検討項目は下記の通り。

(※全文:1552文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.