> > 今後、モンゴルで求められる技術は水銀・廃棄物・気候変動・黄砂対策

今後、モンゴルで求められる技術は水銀・廃棄物・気候変動・黄砂対策

 印刷 記事を保存

環境省は、12月19日に同省とモンゴル国自然環境観光省の間で「第11回 日本・モンゴル環境政策対話」を開催したと発表した。この対話では、水銀管理、廃棄物管理、気候変動、大気汚染(黄砂)の各分野について、両国の政策や経験を共有しつつ、意見交換を行った。また、今後モンゴルでの環境改善のため、両省間での協力事業を引き続き推進していくことに合意した。

これまで、日本国環境省とモンゴル自然環境観光省は、2007年に第1回環境政策対話を開催して以来、これまで10回の環境政策対話を開催し、重要な課題について意見交換を行ってきた。

今回の対話は、2015年5月に両国間で更新に署名し包括的な協力を実施している「環境分野での協力に関する協力覚書」に基づき開催された。特に今回、新たな協力分野として廃棄物分野が追加された。

(※全文:1230文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.