> > 紳士服のAOKIなど、フレキシブル太陽電池を装着した「発電スーツ」を試作

紳士服のAOKIなど、フレキシブル太陽電池を装着した「発電スーツ」を試作

 印刷 記事を保存

理化学研究所(埼玉県和光市)は、AOKI(神奈川県横浜市)、東レ(大阪府大阪市)、Xenoma(東京都大田区)と共同で、高性能なフレキシブル有機太陽電池を紳士服の上着に装着し、デザイン性と機能性を両立した発電する紳士服「発電スーツ」の試作に成功したと発表した。

試作した発電スーツでは、左右に5個ずつ(合計10個)の太陽電池モジュールが紳士服の上着の背面に装着されている。この太陽電池モジュールは、太陽光や周辺からの光を受けて発電する。一つのモジュールについて、疑似太陽光下で最大28mWの発電量を達成したため、実際に発電スーツ上に装着されたすべてのモジュールが最大出力を達成した場合、280mWの発電量に相当する。

また、モジュールの厚みが約15μm(1,000分の1mm)しかないため、くにゃくにゃと曲げることができる。この有機太陽電池を紳士服上着に貼りつける技術を開発し、紳士服の製造工程で壊さずに生地に実装することによって、布地の風合いを損なわないデザイン性と機能性の両立が可能となった。

(※全文:1973文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.