> > コーヒー大国フランスで発生する大量のコーヒーかす、植物工場でキノコ培地に

コーヒー大国フランスで発生する大量のコーヒーかす、植物工場でキノコ培地に

 印刷 記事を保存

都市部の有機廃棄物をリサイクルしながら、環境に優しいキノコ栽培に取り組むフランスのベンチャー「La Boite à Champignons」が、一般消費者向けに大規模なプロモーションを開始した。

その他、フランスのパリでは、植物工場などの最新技術を導入しながら都市型農業に取り組む事例が増えている。


この記事は、たとえば

  • 経営者・投資家・新規事業を検討する担当者などにとって、海外での事例として参考になります。
  • カフェや飲食店などのコーヒーかすを廃棄する事業者にとって、産業廃棄物の有効利用事例として参考になります。
  • 植物工場や施設農業のオーナー事業者にとって、商品付加価値の付与事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.