> > シンガポールの高層タワーマンション、リニューアル時に屋上に菜園を整備

シンガポールの高層タワーマンション、リニューアル時に屋上に菜園を整備

シンガポールの不動産開発のCapitaLand社は5月14日、チャイナタウンにある住宅用の高層タワー「Pearl Bank Apartment」をリニューアルし、住民参加型の屋上菜園を導入した「グリーン・ビルディング」にリニューアルすることを発表した。

現在ある高層タワーは、高さ113mの38階建て。1976年に建設され、老朽化も進んでいた。そこで、CapitaLand社は、約582億円(7億2800万Sドル)をかけて、「One Pearl Bank」としてリニューアルすることを決定した。


この記事は、たとえば

  • デベロッパ、不動産関係の事業者にとって、都市型農業を組み込んだ新しいライフスタイルの事例として参考になります。
  • 植物工場関連の製品・サービスを提供する事業者にとって、導入先として参考になります。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.