> > エネチェンジ、VPP市場に参入 DRリソースのマッチングサービスを開始

エネチェンジ、VPP市場に参入 DRリソースのマッチングサービスを開始

エネチェンジDR:登録からデマンドレスポンス発動までの流れ(出所:ENECHANGE)

ENECHANGE(エネチェンジ/東京都千代田区)は2月9日、今後1,000億円規模まで成長が見込まれているVPP(仮想発電所、バーチャルパワープラント)市場に参入すると発表した。第一弾として、VPP市場に参入するアグリゲーター向けに、デマンドレスポンスリソース(DRリソース)のマッチングプラットフォーム「エネチェンジDR」のサービスを開始する。

同サービスは、使っていない非常用発電機や大型蓄電池を電力不足時の調整力として有効活用するもの。非常用発電機や大型蓄電池など、電力の需要抑制ができる調整力を持つ多用な設備(リソース)を束ねて、ネガワット取引を行うアグリゲーターに仲介する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 62 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.