> > 中部圏の水素需要ポテンシャル、2030年に年11万t 社会実装への課題は

中部圏の水素需要ポテンシャル、2030年に年11万t 社会実装への課題は

クリックで拡大します
(出所:中部圏水素利用協議会)

出光興産、トヨタ自動車など11社が参画する「中部圏水素利用協議会」は2月19日、中部圏における2030年の水素需要ポテンシャルと、海外からの水素受入れから各需要地までのサプライチェーンのあり方などについて、産業横断的に検討した結果をまとめたレポートを発表した。

中部圏における2030年の水素需要ポテンシャルは、水素価格が各産業セクターの切り替え可能コストと同等になることを条件に年間約11万トン(水素基本戦略の全国目標の1/3程度)と試算。2030年以降は技術革新と共にさらなる水素需要が期待されるとした。また、2025年に社会実装を開始した場合、年間4万トン規模の需要可能性があると試算している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.