> > 日本製鉄、2050年カーボンニュートラルを宣言 電炉・水素・CCUS等で

日本製鉄、2050年カーボンニュートラルを宣言 電炉・水素・CCUS等で

クリックで拡大します
(出所:日本製鉄)

日本製鉄(東京都千代田区)は3月5日、2050年カーボンニュートラルを目指すと発表した。大型電炉での高級鋼の量産製造や水素還元製鉄チャレンジし、CCUS(二酸化炭素回収・有効利用・貯留)等によるカーボンオフセット対策なども含めた複線的なアプローチでカーボンニュートラルを目指す。

同社は同日、2025年度までの新たな中長期経営計画を策定・公表した。この中の柱のひとつとして、「ゼロカーボン・スチールへの挑戦」を掲げ、地球規模での環境課題を、同社経営の根幹をなす重要課題と位置づけた。

脱炭素社会に向けた取り組みにおいて、欧米・中国・韓国との開発競争に打ち勝ち、世界の鉄鋼業をリードするため、政府の各種施策とも連携しながら、新たなCO2削減技術の開発・実機化に果敢に挑戦していくとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.