> > EIZO、CO2排出実質ゼロの新物流棟建設 PPAモデルで太陽光発電導入

EIZO、CO2排出実質ゼロの新物流棟建設 PPAモデルで太陽光発電導入

新物流棟(出所:EIZO)

EIZO(石川県白山市)は10月29日、本社敷地内に自社物流棟を建設すると発表した。これまで分散保管してきた材料・製品を自社内に集約することで物流の合理化を推進するとともに、屋上全面にはPPAモデル(電力販売契約モデル)による太陽光発電設備を設置しCO2排出量を実質ゼロとする。投資金額は約10億円、竣工は2023年1月、稼働開始は同年2月を予定。

新物流棟の屋上に設置する太陽光発電設備は約39万kWh/年の発電能力を想定しており、これは火力発電中心の電力と比較して年間約180トンのCO2排出削減に相当するという。同設備の導入による発電量は新物流棟での使用電力量を上回り、CO2排出量は実質ゼロとなるとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.