> > レコテック、ベトナムでPCR材の活用に向けた資源回収の実証実験を開始

レコテック、ベトナムでPCR材の活用に向けた資源回収の実証実験を開始

「POOLシステム」の管理画面(出所:レコテック)

レコテック(東京都千代田区)は11月16日、JUNK & CO社(ベトナム・ハノイ)と共同で、ハノイ都市環境社 (同)の支援のもと、PCR材の活用に向けた資源循環プラットフォームによる資源の回収実証事業を開始したと発表した。実証期間は、2021年9月 ~2021年12月(予定)。

この取り組みは、資源循環プラットフォームの導入によって、都市資源の賦存量を可視化し、流通全体を管理することで、トレーサビリティを担保したPCR材の安定的な供給を実現するもの。資源循環の出口である需要家の要求から

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 81 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.