INPEX、新潟でCO2地下貯留ポテンシャル評価へ

  • 印刷
  • 共有

INPEX(東京都港区)と三菱ガス化学(MGC/同・千代田区 )は9月2日、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と、新潟県北蒲原地域でCO2地下貯留ポテンシャルを評価する共同研究を開始したと発表した。

この共同研究では3者が共同で新規に取得する予定の弾性波探査データに、INPEXと MGCの民間2社が保有する坑井・既存弾性波探査 データをあわせて使用し、西山層や椎谷層等、新潟県内で油ガス田の生産層として実績のある地層を対象に、CO2地下貯留量を評価する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報