三菱重工、チュニジア発電容量の1割賄うGTCC設備完工

  • 印刷
  • 共有
ラデスC発電所(出所:三菱重工業)
ラデスC発電所(出所:三菱重工業)

三菱重工業(東京都千代田区)は9月6日、チュニジアのラデスにある火力発電所で、チュニジア電力・ガス公社(STEG)向けに建設を進めていた発電容量45万kW級のガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備を完工したと発表した。

発電設備は「ラデスC発電所」と呼ばれ、稼働後は同国総発電容量の1割を賄う見込み。同国の経済成長と増大するエネルギー消費ニーズを支えるとしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報