コスモエコパワー、風力発電関連技術を秋田大と共同開発へ

  • 印刷
  • 共有
10月17日に行った契約締結式の様子。左から古林准教授、今井教授、塩川代表職務執行者、福田講師(出所:コスモエコパワー)
10月17日に行った契約締結式の様子。左から古林准教授、今井教授、塩川代表職務執行者、福田講師(出所:コスモエコパワー)

コスモエネルギーグループで風力発電事業を手掛けるコスモエコパワー(東京都品川区)は11月7日、秋田大学と、風力発電関連技術の開発に関する共同研究を行うと発表した。

同社とウェンティ・ジャパン(秋田県秋田市)、清水建設(東京都中央区)、石油資源開発(東京都千代田区)の4社が出資する秋田中央海域洋上風力発電合同会社において、秋田大学と共同研究契約を締結した。なお、同合同会社は2019年から、秋田県男鹿市、潟上市および秋田市沖洋上風力発電事業の開発に取り組んでいる。

共同研究の概要は以下の通り。

3つの共同研究について

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報