味の素、タイ工場にバイオマスコジェネ導入へ

  • 印刷
  • 共有
タイ味の素社 カンペンペット工場(出所:味の素)
タイ味の素社 カンペンペット工場(出所:味の素)

味の素(東京都中央区)は9月20日、タイの基幹工場でもみ殻を燃料とするバイオマスコジェネレーションシステムが稼働を開始したと発表した。

同システムの構成はボイラー(蒸気供給能力は1時間当たり85トン)1基、発電機発電機(9,900kW)1基。燃料はマルチ燃料対応のもみ殻。

今回、同社は約57億円を投じ、使用するすべての蒸気をバイオマス由来の蒸気に置き換えた。この取り組みでは蒸気タービンで発電を行い、購入電力の一部を自家発電とすることで、CO2排出量削減を推進するとともに、エネルギーコストの低減を実現する。

CO2削減効果は以下のとおり。

東南アジアでのCO2排出抑制が重要な課題に

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報