海外産SAFを国内ジェット燃料と混合、品質などを検証へ 国交省

  • 印刷
  • 共有
(出所:国土交通省)
(出所:国土交通省)

国土交通省は11月1日、海外産SAF(ニートSAF)を国内ジェット燃料と混合し、品質や経済性などを検証する実証事業を開始すると発表した。

同実証に使用されるニートSAFは、ネステ社(フィンランド)のもので数量は5KL予定。実証には航空局所有の飛行検査機(CJ4型5機、C700型1機)が使用される。

輸入SAFの国内使用実績はこれまでなし

同実証の詳細は以下のとおり。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報