> コラム > 環境 新製品:パッシブハウス15/ハイシマ工業

環境 新製品:パッシブハウス15/ハイシマ工業

環境ビジネス編集部

記事を保存

1軒1軒、建物ごとに最適の省エネと快適性をシミュレーション
建物全体を快適な環境に保つ、新製品が登場!

寒い季節、暖かいリビングを出て他の部屋に行くのを苦痛に思う人は少なくないはず。とは言え、家中同じように暖めるには、光熱費が大幅にかさんでしまう。

このような悩みを解決する住宅が登場した。ハイシマ工業の「パッシブハウス15」は、住宅や建物全体を快適な温度に保つことができる建築工法だ。

パッシブハウス15

パッシブハウス15


しかも、冷暖房の年間消費電力については、平成11年度に制定された次世代省エネルギー基準(関東Ⅳ地区)が128kwh/m2・年であるのに対し、「パッシブハウス15」は冷房・暖房それぞれ15kwh/m2・年と、76%も削減できる。

この快適性を実現したのが、スウェーデン製の顕熱交換換気システム「REC TEMOVEX」と、独自開発したシミュレーションソフトだ。

顕熱交換換気システム「REC TEMOVEX」は、室内の汚れた空気の熱を回収しながら新鮮な外気を室内に送り込むシステム。今まで、日本の熱交換換気では捨てていたお風呂やトイレなどの空気の熱も回収できるので、建物全体の熱性能を効率よく維持できる。高性能フィルター付きで、室内に外気を送り込む際には埃や花粉などは除去される。また、夏の夜間など、屋内よりも屋外の方が涼しい場合はセンサーが自動感知して、熱交換せずに涼しい外気を取り入れる。

独自開発したシミュレーションソフトは、建物の建つ地域や家族構成などをシミュレーションすることで、対象となる建物に最適な温度条件やバランスの良い省エネ断熱性能を割り出す。また、割り出すのは室内環境だけではない。床や屋根、外壁といった建物の外皮性能が高湿状態で腐朽しないように、建物が建つ地域の気候を考慮したシミュレーションも行う。「パッシブハウス15」は、1軒1軒、建物ごとに最適の省エネと快適性を提供しながら、建物の寿命も延ばす住宅なのだ。

ハイシマ工業は今後、一般住宅の他に、福祉施設、病院、共同住宅、事務所など、幅広くこの技術を広めていきたいと考えている。

 
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.