> コラム > スマートグリッドをクラウドが支えるためには?

スマートグリッドをクラウドが支えるためには?

Green Prospects Asia

 印刷 記事を保存

再生可能エネルギーが普及するにつれ、日本でも注目を浴びるスマートグリッド。既に先を走る欧州や米国では、電力データのやり取りに「クラウド」が有力視されている現状がある。クラウド・コンピューティング」とは、簡単に言えば、端末から得られたデータを、通信回線を経由してインターネット上に送り、インターネット上で処理・保管させる概念のこと。ところがこの「クラウド」市場、シェア争いによる、ある問題が懸念されているという。

(※全文:1573文字 画像:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

この記事について

Green Prospects Asia
著者:Andrew McKillop(元欧州委員会 エネルギー政策担当官)
グリーン・プロスペクツ・アジア(Green Prospects Asia、GPA)は、月刊誌のほか、ウェブ、iTunesのニューススタンドアプリで展開する、アジア太平洋地域の環境ビジネスに特化したメディアです。これらの媒体では、環境ビジネスに関する最新の技術・製品・サービスなどの情報をお届けしています。詳細はGreen Prospects Asia公式ウェブサイトをご覧ください。(英語)  
※元記事URL:http://www.greenprospectsasia.com/content/cloud-computing-and-smart-grid
 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ