> コラム > 上空で浮遊する風力発電タービン アルタエロス・エナジーズ

上空で浮遊する風力発電タービン アルタエロス・エナジーズ

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

米マサチューセッツに本社を置く風力発電機メーカー、アルタエロス・エナジーズは2015年から、米国アラスカ・フェアバンクスの南で「浮遊空中タービン」(BAT )を上空300 メートルまで浮かせ、発電する実証プロジェクトを始める。

そのイメージが上の写真だ(2012~13年にメイン州で撮影したもの)。実証プロジェクトが成功すれば、デンマークのヴェスタスの記録(上空220メートル)を抜き、世界で最も高いところに浮かぶ風力発電タービンとなる。BATが浮かぶのは、ヘリウムを充填した構造にしているためだ。

(※全文:483文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.