> コラム > 大気汚染微粒子および黄砂の飛来予測

大気汚染微粒子および黄砂の飛来予測

PM2.5や黄砂などのエアロゾル(大気浮遊粒子 状物質)の濃度を予測するシステムがある。

九州大学応用力学研究所の竹村俊彦准教授が開発した「SPRINTARS」を使い、2007年からホームページで公開するエアロゾル予測だ。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.