> コラム > 大気汚染微粒子および黄砂の飛来予測

大気汚染微粒子および黄砂の飛来予測

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

PM2.5や黄砂などのエアロゾル(大気浮遊粒子 状物質)の濃度を予測するシステムがある。

九州大学応用力学研究所の竹村俊彦准教授が開発した「SPRINTARS」を使い、2007年からホームページで公開するエアロゾル予測だ。

(※全文:542文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.