> コラム > ソーラーシェアリングは営農と発電の両立が前提

ソーラーシェアリングは営農と発電の両立が前提

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2013年3月末、農林水産省の通知によって、優良農地においても一時転用の許可を受けて、農地に支柱を立てて、営農を継続しながら上部空間に太陽光発電設備を設置することが認められた。ただし、(1)太陽光発電設備の下部の農地の単収が、同じ年の地域の平均的な単収と比較して2割以上減少しない (2)太陽光発電設備の下部の農地で生産された農産物の品質に著しい劣化が認められない (3)太陽光発電設備の下部の空間が十分に確保され、農作業に必要な機械等を効率的に利用することができることなど、太陽光発電設備の下部の農地における営農の適切な継続が確保されることが条件となる。

―まず通知を出された経緯についてお聞かせください。 ・農水省担当

平成24年に優良農地の確保に支障を生じないことを前提に、耕作放棄地を使用するなど地域の農業振興に資する場合については、再生可能エネルギー設備の設置について、農地制度における取扱いを明確化するという閣議決定があり、そうした中で営農型発電の実証試験が行われたり、実用段階に入った例がありました。

(※全文:5,256文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.