> コラム > 「生産性向上設備投資促進税制」 省エネ設備などにも利用できる節税対策

「生産性向上設備投資促進税制」 省エネ設備などにも利用できる節税対策

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

平成26年度税制改正において、「生産設備の新陳代謝(老朽化した生産設備から生産性・エネルギー効率の高い最先端設備への入替え等)を促進し」、「我が国の産業を中長期にわたる低迷の状態から脱却させ、持続的発展の軌道に乗せる」といった趣旨により、生産性向上設備投資促進税制が創設された。

事業者(法人・個人事業者)が「生産性向上設備」を取得し、事業の用に供した場合には、一定の要件のもと、即時償却や特別控除の適用を受けられる。

この取扱いに関しては、次の(1)生産性向上設備投資促進税制と(2)中小企業投資促進税制における上乗せ措置の2つの税制の適用があり、複雑だ。(1)は、大規模法人に対しても適用がある。(2)は、中小企業者等が、指定事業の用に供した場合にのみ適用がある。(2)のほうが、適用期限が長く、優遇が大きい。

それぞれの制度を概説すると以下のとおりである。

(※全文:2,853文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.