> コラム > 太陽光発電 ― メンテナンスフリーの誤解と実情

太陽光発電 ― メンテナンスフリーの誤解と実情

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

これまでメンテナンスフリーのイメージが強かった太陽光発電システム。本格的な発電運営をスタートしたのはいいが、トラブルに悩む事業者が増えてきた。O&Mに独自のサービスを展開するLooopの実務担当者・末永氏に、現状と対策などについて伺った。

メンテナンスフリーではない太陽光発電

太陽光発電システムは、整備・保守が必要のない、『メンテナンスフリー』という認識が先行していたが、ここ数年、徐々にではあるがオペレーションやメンテナンスの必要性、重要性を訴える声を聞くようになった。設置から数年で、太陽光パネル自体の補修ではなく、パワーコンディショナーやコネクター、架台など、様々な個所で故障が発生し、その事態に対応しきれない事業者が多いのが実情だ。

(※全文:1,430文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.