> コラム > 局所空調システムで、新しい省エネ市場を開拓

局所空調システムで、新しい省エネ市場を開拓

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

情報機器の拡大は新たな省エネのニーズを生み出した。大量の電力を消費するデータセンターである。コンピュータは多くの電力を消費するが、それを維持するための空調エネルギーも膨大なのである。それをどう削減するか。日立製作所インフラシステム社が用意した答えが局所空調システムである。

既存技術の組み合わせで最大6割の省エネを実現

このシステムは組み合わせの技術である。技術そのものは従来からある。しかし消費エネルギーのどの部分を削減するのか。ターゲットを明確にすることで相乗効果を発揮し、目標を達成する。それがこの技術の特徴である。日立製作所インフラシステム社が開発したデータセンター向けの省エネ局所空調システムRef Assist(レフアシスト)である。

(※全文:2,706文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.