> コラム > 事件の判例に見る産廃関連訴訟の傾向と留意点(後編)

事件の判例に見る産廃関連訴訟の傾向と留意点(後編)

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

上智大学法科大学院長・北村 喜宣氏による講義の後篇では、実際に起きた産廃関連の事件、訴訟を紹介。特徴的な5つの判例から、産廃事業の操業、円滑な運営を実現するためのポイントを探る。

操業中の処分場を差し止め

最初に紹介するのは、山口地方裁判所で判決が下された民事訴訟「安定型産業廃棄物埋立処分場操業等差止請求事件」。

(※全文:1,989文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ