> コラム > 太陽光発電、蓄電池などを備えたBCP対応ソリューション

太陽光発電、蓄電池などを備えたBCP対応ソリューション

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

オフィスビルのBCPは司令塔となる防災対策室にまず電力供給を求められ、データの消失を防ぐためにサーバーのバックアップも必要だ。エネルギーの利用効率を最大化するには創エネ、蓄エネ、省エネのトータル・ソリューションが重要だ。

オムロンフィールドエンジニアリングは環境エンジニアリングの分野で太陽光発電、リチウムイオン蓄電池、省エネ設備などのエンジニアリングを得意分野としてきたが、3.11以降BCP対策の問い合わせが急増し、その対応に追われた。大半は太陽光発電と蓄電池の組み合わせによる非常時の電力確保に関するものだったが、創エネ、蓄エネを効率よく使うためには消費電力のコントロールも必要で、新たなソリューションを求められた。環境事業本部 環境第一エンジニアリング部 部長の清水 孝信氏は「これまでエンジニアリング事業として省エネ診断を取り入れた創エネ、蓄エネ、省エネを推進していたが、これをトータルコントロールすることが必要だった」と説明する。

(※全文:2,094文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.