> > BCP(事業継続計画)

環境用語集

BCP(事業継続計画)【びーしーぴー】

Business Continuity Planの略称。事故や災害などが発生した際に、「如何に事業を継続させるか」もしくは「如何に事業を目標として設定した時間内に再開させるか」について様々な観点から対策を講じること。

災害時の業務中断に伴う顧客取引の競合他社への流出、マーケットシェアの低下、企業評価の低下などから企業を守るための経営戦略でバックアップシステムの整備、バックアップオフィスの確保、安否確認の迅速化、要員の確保、生産設備の代替などの対策がある。

BCP対策として、太陽光発電や蓄電池などを自家発電・非常用電源として導入する例も増えており、2014年4月、シンテックホズミは、太陽光発電を使ってプラグインハイブリッド自動車(PHV)のバッテリーに充電した電力を、災害発生時などに非常用電源として利用できる仕組みを構築した

(内閣府 防災情報のページ 事業継続より引用)

BCP(事業継続計画)を含む記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.