> コラム > 地域の力でバイオマス燃料の確保問題を解決

地域の力でバイオマス燃料の確保問題を解決

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

岡山県真庭市の製材事業者は工場内で稼働するバイオマス発電のノウハウを地域に提供し、地元森林組合らとともに間伐材や端材を燃料にしたバイオマス発電所を建設して雇用の創出にも繋げた。

集成材事業で国内トップクラスの銘建工業は、84年から加工過程で発生する端材、樹皮、おが屑(ブレーナー屑)を原料に本社工場内で木質バイオマスの取り組みを続けてきた。

(※全文:774文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.