> コラム > 10億トンの持続可能なバイオマス資源が眠る米国南西部

10億トンの持続可能なバイオマス資源が眠る米国南西部

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2016年10月6日、アメリカ大使館にて、木質バイオマスセミナー「持続可能なバイオマス燃料のサプライ・ソリューション・セミナー」が開催された。米国産業用木質ペレット協会 専務理事のセス・ギンザ―氏などが登壇し、米国の豊富な森林資源と木質バイオマスの供給状況などについて講演した。

米国南西部のファイバーバスケットを強みに、バイオマス資源を世界に供給

セミナーでは、米国産業用木質ペレット協会 専務理事のセス・ギンザ―氏が「世界市場を対象に見据えた米国南東部のファイバーバスケットについて」というテーマで講演。

(※全文:1700文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.