> コラム > マークス・アンド・スペンサーの戦略的CSRと経営

マークス・アンド・スペンサーの戦略的CSRと経営

環境会議編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

132年の歴史を持つ英国の老舗スーパーマーケット「マークス・アンド・スペンサー」。2007年に、CSR戦略である「プランA」を発表し、100個の社会・環境のコミットメントを行い取り組むことを宣言した。これまでの同社のCSRを一新した、21世紀のサステナビリティにおけるリーダーシップとしての「プランA」とは、どのようなものか。

(※全文:2146文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

しもたや・たけし
しもたや・たけし
英国在住CSR/サステナビリティ・コンサルタント
日本と欧州のCSRの懸け橋となるべくSustainavision Ltd.を2010年英国に設立。大手重工管理部にて人事・総務・労働安全衛生などを担当。環境ビジネス事業会社立上げ後渡英。ビジネス・ブレークスルー大学講師(CSR/サステナビリティ)。講演、執筆多数。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ