> コラム > 小形風力発電、技術革新により、コスト30%減と系統接続の時短を目指す

小形風力発電、技術革新により、コスト30%減と系統接続の時短を目指す

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

FITの小形風力発電を支援し全国的な普及拡大を図ろうと、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は産学で小形風車部品の標準化に取り組む。目標はコストの30%引き下げだ。55円/kWhの魅力を最大限引き出す試みが始まった。

小形風車の現状について、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)新エネルギー部風力・海洋グループ主査、大西康志氏は「世界で100万台近くが設置されており、発電容量も約830MWにのぼる。なかでも導入が進んでいるのは中国と米英。

(※全文:2455文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.