> コラム > 博多の陥没事故に見る『老朽インフラ維持管理市場』

博多の陥没事故に見る『老朽インフラ維持管理市場』

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

先日博多の陥没事故は、地方の中心地域で起きたということで大きな影響を及ぼしました。また、事故後の早期復旧について、自治体・民間の連携した不休の対応は賞賛をも呼びました。

日本の交通インフラをはじめとした『社会資本ストック』は高度経済成長期に集中的に整備され、今後急速に老朽化することが懸念されています。今後20年間で、建設後50年以上経過する施設の割合は加速度的に高くなる見込みであり、このように一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。

(※全文:1709文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ