> コラム > 再エネで人口流出が止まる等、地方創生の鍵に

再エネで人口流出が止まる等、地方創生の鍵に

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

FITは地域の産業に直接寄与することが少なく、利益は地域外へと流出することが多い。これを地元の中小企業に還元し地方創生につなげようと、地域の金融機関が豊富な情報量を活かし動き始めた。補助金等を利用し建設した再エネ発電の電力を第三セクター等で運営する自治体版PPS事業へ期待。

地元の中小企業が参画し地方創生につなげる支援を

再エネを利用した地方創生でカギを握るのは地銀や信用金庫など地元の金融機関だ。

(※全文:1572文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

岡田久典氏(おかだひさのり)
岡田久典氏(おかだひさのり)
早稲田大学
環境総合研究センター上級研究員
1987年京都大学農学研究科熱帯農学専攻修了。芙蓉情報センター(現富士総合研究所)、山梨大学医学工学総合教育部客員准(助)教授、09年東京農工大学博士後期課程単位取得満期退学。独立行政法人科学技術振興機構社会技術研究開発センターチーフアドバイザー、早稲田大学環境総合研究センター主任研究員を経て現職。W-BRIDGE運営委員・研究マネジメントチームリーダー、W-BRIDGE副代表、NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク副理事長を兼任。
 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.