> コラム > クラウドファンディングを活用し、モバイル水力発電を商品化

クラウドファンディングを活用し、モバイル水力発電を商品化

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

韓国のスタートアップが、クラウドファンディングを使って資金を調達し、片手で持てるサイズの水力発電機を開発した。今年11月には大量生産が開始し、遅くとも来年3月までには市場に出回る予定だ。

estream

アウトドアに出かける際に気になることといえば、スマートフォンやカメラ、GPS機器などの電化製品の充電だろう。太陽光を用いた発電・蓄電装置なども存在するが、天候の悪い日や夜間には使えない。

(※全文:1764文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.