実用化進む環境と健康にやさしい養殖魚向け植物性飼料(前編)

  • 印刷
  • 共有

世界中で養殖魚が生産される中、天然魚を使った餌不足が懸念されている。これを解決すべく、スイスのスタートアップが、大学との共同研究で植物性飼料を開発し、実用化に乗り出した。日本にも支社を置き、本格的な試験が始まった。

高まり続ける養殖魚の割合

普段、食卓に上る魚が天然魚か養殖魚か、気にしながら食べている人はどれくらいいるだろうか。人々が気にかけるのはまず味で、養殖魚かどうか注意する人は殆どいない。実は、人口増加に伴い世界中で魚の需要が高まっていて、養殖魚の生産がぐんぐん伸びている。それは近い将来、天然魚の漁獲量に追いつくところまできている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報