> コラム > 欧州の沿岸地域を再生する海洋再生エネは日本にも根付くか(後編)

欧州の沿岸地域を再生する海洋再生エネは日本にも根付くか(後編)

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

オーキニー諸島では余剰電力を水素電池に

さて、オーキニー諸島では、欧州最初の海洋エネ実験センターEMECの成功で、欧州中・世界中からの技術が集まった結果、発電量が需要を超えるようになってしまった。そこで、余剰電力で水を分解して水素を作り、これを輸送して、電力需要のある別の場所で改めて発電する「Surf’n’Turf」というプロジェクトが始められ、注目を浴びている。再生エネでは、発電と消費の需給バランスが難しい事が、度々欠点として紹介されるからだ。

(※全文:3917文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.