SDGs未来都市の取り組みに迫る 岡山県真庭市、独自の発展モデルとは?

  • 印刷
  • 共有

早くからバイオマスの活用に取り組み、『バイオマスタウン』として名の知られる岡山県真庭市。同市は、2019年6月、 環境省の推進する『地域循環共生圏づくりプラットフォーム事業』に選定された。SDGs未来都市にも選定されている同市が目指す、日本の中山間地域の永続的な発展モデル『真庭ライフスタイル』とは…。

環境省版SDGsに共感

真庭で作った循環型肥料のバイオ肥料が無料で手 に入るスタンド

真庭でつくった循環型肥料のバイオ肥料が無料で手に入るスタンド

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事