> コラム > なぜいま「脱炭素経営」なのか エネルギー効率改善の新たな価値とは(前編)

なぜいま「脱炭素経営」なのか エネルギー効率改善の新たな価値とは(前編)

脱炭素を取り巻く世界的な状況とその中で進められているエネルギー効率化、エネルギーの効率的な利用の意義について、東京大学 未来ビジョン研究センター 教授 髙村ゆかり氏に聞いた。前編ではエネルギー効率化に取り組むべき背景として、異常気象による自然災害の激甚化やこれを受けた世界の脱炭素化に向けた動向などについて解説する。

気候変動が起こした豪雨と台風

024643-2

2018年、2019年と、日本でも豪雨や台風、熱波といった異常気象による非常に大きな自然災害が発生した。「気候科学の進化により、気候変動がこうした異常気象に寄与していることがわかってきました。気象庁の気象研究所からも、西日本豪雨は人間の活動から排出した二酸化炭素の影響が降水量を6〜7%程度押し上げた、7月の猛暑は気候変動なしには起こりえなかったという研究結果が出されています」と髙村氏は話す。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.