> コラム > トヨタ、静岡に『AI都市』を建設 どんな街ができあがる?

トヨタ、静岡に『AI都市』を建設 どんな街ができあがる?

トヨタ自動車が新しい街づくりを始めるようだ。あらゆるモノやサービスがつながる「コネクティッド・シティ」プロジェクトでは、自動運転やロボット、スマートホーム技術、AI技術などが導入される。

工場跡地70万平米に、2021年着工

この取り組みは、2020年末閉鎖予定のトヨタ自動車東日本 東富士工場(静岡県裾野市)における跡地再利用プロジェクトで、人々が生活を送るリアルな環境のもと、自動運転、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術等を導入・検証できる実証都市が新たにつくられる。将来的な敷地面積は約70.8万㎡、2021年初頭着工予定。

トヨタ自動車は、網の目のように道が織り込まれ合う姿から、この街を「WovenCity」(ウーブン・シティ)と名付けた。初期は、トヨタの従業員やプロジェクトの関係者をはじめとする約2,000名が暮らすことが想定されている。また同社は今後、街づくりを進めていくうえで、それぞれ独自のプロジェクトの実証活用も含め、世界中のさまざまな企業や研究者などに対して参画を募る。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 55 %

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.