> コラム > 強まる海外の廃プラ輸入規制、国内900万トンのゆくえは

強まる海外の廃プラ輸入規制、国内900万トンのゆくえは

国内で排出された廃プラスチック排出量は2018年時点で891万トン。そのうち約23%(約208万トン)がマテリアルリサイクルされ、半数弱にあたる91万トンが海外で利用された。しかし2017年末の中国の廃棄物輸入禁止措置に端を発して、海外の廃プラ輸入規制は強まる傾向にある。廃プラスチックの国内外の状況を見ていく。

国内の廃プラスチックの排出とリサイクルの状況

日本のプラスチック生産量は2018年に1,067万トンであった。そして、同じ年の廃プラスチックの排出量は891万トンである。種類別ではポリエチレン(PE)が34.3%と最も多く、次いでポリプロピレン(PP)が22.0%、ポリスチレン(PS)が11.6%、塩化ビニル樹脂(PVC)が7.8%の順になっている。詳しい内訳は以下の通りだ。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 82 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.