> コラム > バイオマス発電燃料の「持続可能性」をどう確保するか WGが検討(前編)

バイオマス発電燃料の「持続可能性」をどう確保するか WGが検討(前編)

バイオマス持続可能WG

バイオマス発電は他の再エネ電源と異なり、燃料を必要とするという大きな特徴がある。

元々FIT制度ではバイオマス発電に対して、その認定基準の一つとして燃料の安定調達のほか、中長期的な観点から持続可能なかたちで生産された燃料であることを求めている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 95 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.