> コラム > 太陽光発電の30年目標、JPEA「125GWへ」 3団体が提案(後編)

太陽光発電の30年目標、JPEA「125GWへ」 3団体が提案(後編)

(前編はこちら

電力中央研究所ヒアリング

電力中央研究所(電中研)による2030年における太陽光発電導入推計は表3のとおりである。電中研は足元の導入・認定状況を踏まえた「成り行き(電中研自身はinertia:慣性という言葉を用いている)」を推計しており、目標としての数値ではない。

地上置きの容量73GWは自然エネ財団の現状政策ケース66GWと転換促進ケース83GWの中間的な値であるが、設備利用率を17%と推計することにより(自然エネ財団では14~15%)、発電電力量は自然エネ財団の転換促進ケース(1,023億kWh)を上回る数値となっている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.