ZEH率90%越え、エコワークス独自の戦略とは

2020年までに新築部門のほとんどをZEHとし、さらにその先を行くLCCM住宅の普及を目指すZEHビルダーのエコワークス。代表取締役の小山 貴史氏が、建設・住宅業界を取り巻く環境の変化やZEH普及拡大に向けた同社の戦略について語った。

028299-2
エコワークス
代表取締役社長
小山 貴史 氏

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報