国内外のカーボンプライシングの動向(前編)CPの手法と海外の動向

  • 印刷
  • 共有

国連気候変動枠組条約第26回締約国会合(COP26)が10月31日~11月13日に英国・グラスゴーで開催された。パリ協定第6条に関する合意が成立したことにより、国際的な炭素クレジットの取引に関する基本的ルールを定める「パリルールブック」が採択されたことが、ひとつの大きな成果とされている。

気候変動対策におけるポリシーミックスのひとつとして、カーボンプライシング(炭素価格付け)制度の重要性が高まっており、国内外の動きが加速しつつある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報