営農型太陽光発電が生み出す 農業・地域社会・脱炭素の好循環(前編)

  • 印刷
  • 共有

「農業」と「発電」という異なるものを組み合わせ、農地の上で発電を行う「営農型太陽光発電」が注目されている。農業振興の観点から農家や自治体からも関心が寄せられている一方、農業生産技術や太陽光発電設備設計の在り方について十分な知見が共有されているとは言い難い状況にあるなど、様々な課題が指摘されている。農水省は今後の望ましい営農型太陽光発電について検討する有識者会議を設置。2021年度内を目途に報告書を取りまとめる予定だ。

前編では営農型太陽光発電の概要について改めて紹介する。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報