廃棄物処理・リサイクル業界向け 低炭素型設備の導入支援セミナー

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです

廃棄物処理・リサイクル業界向け 低炭素型設備の導入支援セミナー

概要

国の政策に『低炭素型廃棄物処理・リサイクル設備導入の支援』という事業があります。

これは、低炭素型処理設備が普及することによって、廃棄物処理業における低炭素化を通じた地域の温暖化対策が促進される。廃棄物エネルギー利用・地域資源循環を通じた地域活性化が進む。などを目的としています。

地球温暖化が進む中、世界の潮流として『低炭素化』が進んでいます。日本国内でも優れた低炭素技術・ノウハウを生かして2030年目標の達成に向けて取り組んでいます。廃棄物処理分野も例外ではありません。

しかし、その理念や必要性、社会的潮流が理解しても、事業を行う立場からすると、設備費用はかかり、気軽に入れ替えや導入はできず、二の足を踏んでしまう方も多いと思います。

  • なぜ廃棄物・リサイクル業界に低炭素化が必要なのか?
  • どのような制度でどういうスケジュール感なのか?
  • 活用はしたいが、公募要領を見るだけでも面倒だ。
  • 設備導入を考えたいが、費用負担を軽減したい。
  • 低炭素型の設備とはどのようなものがあるのか?

本セミナーは、廃棄物処理・リサイクル事業を行っている企業の方を対象に政策面、設備技術面、申請手法について昨年の事例から解説します。

※2017年度の公募期間は5月9日~6月8日の1か月間でした。

セミナーに申し込む

【この支援策の対象となるもの】

  • 廃棄物処理の伴う廃熱を有効利用する施設の設置
  • 廃棄物由来燃料製造施設(油化・メタン化・RPF化等)
  • 廃棄物処理施設の省エネ化及び廃棄物収集運搬車の低燃費化

【対象者】

廃棄物処理・リサイクル事業者の方

プログラム

【第1部】
廃棄物処理の低炭素化が求められている理由と政策支援

環境省 環境再生・資源循環局 廃棄物規制課

【第2部】
本制度を利用したRPF設備の導入事例と設備選定の留意点

株式会社御池鐵工所

【第3部】
補助金を利用するために必要な申請のポイント

株式会社フジテックス 環境リサイクル事業部

※プログラム内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

セミナーに申し込む
日時 03/16(金)
14:00~15:50
場所

住友不動産 新宿ガーデンタワー1F 会議室1
〒169-0072
東京都新宿区大久保3-8-2

主催 株式会社日本ビジネス出版
共催 株式会社フジテックス
定員 60
お問い合わせ先
株式会社日本ビジネス出版
〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー 13F
TEL:03-5287-8600
Mail:seminar@kankyo-business.jp
※受付時間:土日祝祭日を除く午前9時00分~午後6時00分まで
価格 0円

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報