> > 東京ガス、CO2排出3割削減、集合住宅版スマートハウス実証試験を開始

東京ガス、CO2排出3割削減、集合住宅版スマートハウス実証試験を開始

記事を保存

東京ガスは、経済産業省が推進する「次世代エネルギー・社会システム実証事業」の一つである「横浜市スマートシティプロジェクト」の一環として、集合住宅版スマートハウス実証試験を4月から開始すると発表した。

本実証試験では、東京ガスの社宅として、横浜市磯子区に新たに地下1階・地上4階建ての集合住宅(24戸)を建設。この集合住宅に、家庭用燃料電池「エネファーム」、太陽熱利用ガス温水システム「SOLAMO(ソラモ)」、太陽光発電装置等の分散型エネルギーシステムを最大限に導入し、かつ住棟全体で熱・電気を融通することで、低炭素化と可能な限りのゼロ・エネルギー化を目指す。初年度は、同等の標準的な集合住宅と比較して約4割の一次エネルギー削減と約3割のCO2削減を見込む。

実証実験の主な内容は、1.省エネ効果の確認、2.エネルギーセキュリティの検証。1では、前述の分散型エネルギーシステムが生み出す熱や電気のエネルギーを「統合制御システム」で管理、住棟内で融通する等の取り組みを行い、集合住宅を提供する「作り手」の工夫による省エネ効果を確認する。また、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)を通して各住戸のエネルギー使用量を「見える化」し、「住まい手」に対する省エネ行動の促進効果等を確認する。

2では、家庭用燃料電池や蓄電池を活用し、停電時でも、各住戸の一部の照明など最低限必要な設備への電力供給を継続できる仕組みを作り、集合住宅におけるエネルギーセキュリティを検証する。また、地域のエネルギー供給安定化に貢献すべく、「横浜市スマートシティプロジェクト」で構築する地域エネルギーマネジメントシステムとの連携を行なう。

同社は、2010年8月から本実証試験に関する建物や設備の設計、建設工事を行ってきたが、このたび竣工し、3月下旬から入寮を開始し、4月から実証を開始する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.