> > 三菱商事、メキシコでラテンアメリカ最大の風力発電事業に参画

三菱商事、メキシコでラテンアメリカ最大の風力発電事業に参画

記事を保存

三菱商事は、メキシコにおいて、ラテンアメリカ最大の風力発電事業に参画すると発表した。同国オアハカ州にて本年3月に建設開始が予定されている、マレーニャ・レノバブレ風力発電プロジェクト(発電容量39.6万キロワット)の持分34%を取得した。売電開始予定は2013年7月。総事業費は約800億円。

本事業は、再生可能エネルギー事業の拡大を目指して、パートナーであるマッコーリー・メキシカン・インフラストラクチャー・ファンド/ピー・ジー・ジー・エム社とともに、同州の南東テワンテペック地峡に、風力発電132基を幅数十キロにわたって設置するもの。本件で発電した電力は、ラテンアメリカ最大の飲料会社である在メキシコFEMSA社、並びにハイネケン社に、20年間の売電契約に基づいて供給される。

オアハカ地方は、メキシコ湾から太平洋へ吹き抜ける風の通り道となっており、平均風速が8.5メートル/秒と洋上風力並みの風が吹く地域となっている。風車にはヴェスタス社の大型洋上風力仕様のタービンを使用し、予定される年間発電量は15億kWhと、日本国内の風力の年間総発電量(約40億kWh)の4割近くに相当する。

同国では、2025年までに、発電容量を、現在の1.5倍である約9000万kWまで引き上げ、このうち、約2000万kWを再生可能エネルギーとする方針が打ち出されている。これに伴い、今後も風力を中心とした再生可能エネルギーでの事業の需要の増加が見込まれている。

同社は、中期経営計画2012で「インフラ・地球環境事業」を、全社戦略分野と位置づけている。本事業と、米国で運営中の総発電容量20万kWの風力発電所の事業経験を活かし、風力発電など再生可能エネルギーを含む電力事業をはじめ、環境・水・インフラ事業を、今後とも積極的に推進していく考えを示している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.